http://sosmother.com/ 北海道子連れキャンプ場レポ!2018~オートリゾート八雲

北海道子連れキャンプ場レポ!2018~オートリゾート八雲

すっかり投稿が滞っていましたが・・・キャンプシーズン到来なので思い出しつつ去年訪れたキャンプ場のレポです(笑)

2018年北海道キャンプ場レポ!

この年四度目のキャンプは9月上旬、八雲町にあるオートリゾート八雲へ行ってきました。

こちらは子供の遊ぶ場所がとても多く人気のキャンプ場で、予約もなかなか取れないとのこと。しかし夏休みが終わった9月なら?と思って予約してみたところすんなり予約が取れました♪

今回は遊び場を中心にオートリゾート八雲の魅力をお伝えします!

スポンサーリンク

基本情報

所在地・連絡先

北海道二海郡八雲町浜松368-1

0120-415-992(平日10:00~17:00)

チェックイン/チェックアウト

フリーサイト

13:00チェックイン/11:00チェックアウト

※ロッジは時間が異なります

入口にはゲートがあり、今回13:00前に到着したところ、ゲート前には数台車の列が・・・!チェックイン時間まではゲートが開かないため、混雑時はフリーサイト利用の車の行列は必須かもしれません。

予約・料金

入場料

幼児/無料

小学生/500円(夏期・休日前520円)

中学生以上・大人/1,000円(夏期・休日前1,030円)

フリーテントサイト

500円(休日前1,030円/夏期1,550円)

カーサイト

2,000~4,200円(場所、時期により料金が異なります)

ロッジ(定員5名)(時期により料金が異なります)

10,300~13,400円

トイレ・炊事場情報

フリーサイトには炊事場とトイレが合体した炊事棟がひとつありました。

きれいに清掃されており、調理台も広くて使いやすかったです。

この炊事棟の他に『星の広場』という場所にも洗い場、かまどがあります。

カーサイトにはそれぞれ洗い場が設置されており、トイレはセンターハウスにきれいな水洗トイレがあります。※カーサイトCのみ洗い場なし

おすすめフリーサイト情報

フリーサイトは平らな芝生が道路を挟んで三か所あります。

ほぼ傾斜はなく、平らな場所がほとんどでした。

おすすめは一番奥(とんぼの池側)の道路左側にあるサイトです。

駐車場に面しているので、車からすぐの場所にテントを設置可能!

今回は本当に空いていて、フリーサイト料金なのにまるでカーサイトのような贅沢な場所にテント設営できました。荷物運びがすごく楽~!

遊び場情報

キャンプ場内に遊具はありません!しかし車で移動してすぐのところに遊具がいっぱいの『まきばの冒険広場』や『パノラマ館』内にはキッズアリーナがあり、外でも室内でも思いっきり遊ぶことができます。

キャンプ場含めこれらの施設はすべて広大な『噴火湾パノラマパーク』内にあり、広すぎてとても歩いては行けません。それぞれの施設に駐車場があり、車で移動して遊びに行くことになるので、テント内に貴重品は置いていかないよう注意が必要です。

まきばの冒険広場

小学校高学年の子でも思いっきり身体を動かせるような大型遊具がたくさんあります。

特に何度も子供たちが遊んでいたのが回転式のシーソーや『エンドレスターザンロープ』!その名の通りターザンロープが一周するのでエンドレスで回れる(笑)珍しい魅力的な遊具ばかりなので夢中になって遊んでいました。

パノラマ館内『キッズアリーナ』

パノラマ館の内部は雨でも安心して遊べる広いキッズアリーナになっています。

広場におもしろ自転車があり、自由に乗ることができます。壁にはウォールクライミング、二階にはボールプールや子供が大好きな狭くて長~いトンネルもありました!

卓球台もあり、ラケット・ボールも借りれるので少し大きい子でも楽しめると思います。

幼児以下の小さい子専用のエリアも仕切られているので、安心して遊ばせられます。

その他情報

レンタル自転車

自転車の貸し出しがありました。子供用・大人用共に1,000円でちょっと高額かな~。

星の広場

こちらの場所のみで手持ち花火が楽しめます。

サークル中央が灰捨て場のようになっていて、使用後の花火を捨ててもOK!花火の後始末がとても楽チンです♪

展望台

海と草原両方の景色が楽しめます。

とんぼの池

何らかの生物がいそうな池ですが、水辺から覗ける程度で中に入ったり足をつけることは難しいと思います。

柵がないので小さい子は落ちないように注意が必要です。

シャワー室

今回キャンプ場内の施設で一番感動したのがシャワー室!

小さい個室ではありますが、女性用は3室、男性用は1室シャワー室があり、24時間100円で利用可能です。

私も利用しましたが、清潔感があり、シャワーの水圧がとても強くて温度調整も楽々、狭い以外は快適でした!

温泉情報

今回夜はシャワーですませてしまったので温泉には行きませんでしたが、パノラマパークを出てすぐのところに『温泉ホテル遊楽亭』があります。

日帰り入浴は大人500p、小学生300円、幼児150円(3歳以下無料)、営業時間はAM10:30~PM10:00までなので夜でも、キャンプ帰りに行くでも都合良しです。

ゴミは持ち帰らなくてOK!

ゴミ捨て場があるので、キャンプで出た大量のゴミは捨てて帰ることができます!

寄り道情報

ハーベスター八雲

一日目、キャンプインする前のランチにハーベスター八雲に寄りました。

美味しいハーブ鶏のグリルチキン、ピザを堪能!

天気が良ければ広大な草原と海が綺麗に見えるテラス席がおすすめです!

ハーベスター八雲(オートリゾート八雲から車で約10分)

二海郡八雲町浜松365

050-5890-7877

長万部温泉ホテル

今回札幌まで帰る道中、長万部で見つけた温泉に入って帰りました。

町内の方が訪れるのような古く、歴史を感じる風貌の温泉。

男湯・女湯の入口が思いがけず自動ドアなのに驚きました(笑)快く受付で貴重品を預かってもらい、ほぼ貸し切りで楽しく汗を流してきました。

大人440円、小人140円、幼児70円

ホテル第一会館『雪庭』

倶知安『豪雪うどん』で有名なホテル第一会館のレストラン『雪庭』にて美味しいうどんを食べました。

北海道虻田郡倶知安町南3条西2丁目
ホテル第一会舘1階

0136-22-1158

昼11:30~15:30

夜17:30~21:00

Ruhiel(ルヒエル)

羊蹄山のふもとでジェラートを堪能。子供たちは疲れ切って車で寝てしまっていたので主人と二人で食べました(笑)

果実を使ったジェラートメニューが豊富で、羊蹄山を眺めながら食べる味は最高でした。

虻田郡倶知安町字山田34-62

0136-21-2355

営業時間9:00~19:00



まとめ

子供の遊び場が充実しているため、大人気のオートリゾート八雲ですが、夏休み終了後の9月頭でこの空き具合!!フリーサイトなのにほぼカーサイトの位置にテントを設置でき、とても快適に過ごせました。

混雑時はどうしても遊具も込み合ってしまうことが予想されますので、閑散期を狙って訪れるのがおすすめだと思います。

札幌からは少し距離がありますが、道中魅力的なお店などもたくさんあるので、ドライブを楽しみながら訪れてみてはいかがでしょうか~

アウトドア用品【L-Breath】