http://sosmother.com/ やらなきゃ損!!主婦向け簡単!ふるさと納税体験レポート

やらなきゃ損!!主婦向け簡単!ふるさと納税体験レポート

数年前から噂になっている『ふるさと納税』

気になってはいるけど仕組みや方法がよくわからないという方は大勢いると思います。

今回はそんな方の参考になればと思い、超簡単な仕組みと今回実際に行ったふるさと納税の体験談をまとめてみました。

スポンサーリンク

ふるさと納税とは?

通常支払っている所得税・住民税の一部(または全額)を、自分で好きな自治体を選択し、寄附することでお礼の品がもらえます。※自己負担金2,000円

つまり、とーーーっても分かりやすく言うと。

例えば所得税・住民税で無条件に一年間に50,000円納税してきたところ、ふるさと納税をすることで52,000円支払ってお礼の品を受け取るということ。(とてもざっくりですが)

このお礼の品。お米や海産物などの地域特産物がよく取り上げられていますが、なんと家電や旅行券なんかもあるんです!

今までただ義務的に納税してきた金額に2,000円追加するだけで、自分の好きな商品が届くなら、まさに『やらなきゃ損!』だと思います!!

ふるさと納税は面倒くさい!?

『ふるさと納税』してみたいけど、確定申告とかしたことないし面倒くさそう・・・

↑ これはまさに去年までの私です(笑)

実際にやってみたら超簡単!

今は『ふるさと納税ワンストップ特例』というしくみがあり、申し込み時にこちらの制度で申し込めば確定申告は不要です!

※通常確定申告が不要で、納税納付先自治体が5つまでの方が利用できます

損しない寄付金はいくらまで!?

自分の通常支払うべき税金以上に寄附してしまうと損になってしまいます。(本当の意味での寄附したい方は別ですが)

この金額は所得や家族構成などで各世帯違うので、まずは寄附していい金額(控除上限額)をおおまかに知りましょう!

各ふるさと納税のサイトにて控除上限額をシミュレーションできますので、源泉徴収票(主婦の方は旦那様のね)を手元に置き、シミュレーションしてみましょう。

ふるさと納税サイト『ふるなび』の例

ふるさと納税おすすめサイト

ふるさと納税できるサイトはたくさんあります。自分の欲しい商品から検索するよりも、サイトを決めてから商品を検索する方が楽なので、私はまずサイトを決めました。

いいなぁと思ったふるさと納税サイトをいくつか紹介します。

ふるさとチョイス

ふるさと納税の日本最大級のサイト。全国1,788存在する自治体すべてが掲載されています。それだけ返礼品の種類も豊富!ほしいものがはっきりしている場合はまずこちらで検索してみるといいと思います。

ふるさと納税サイト【ふるさとチョイス】

さとふる

寄附金を携帯料金と一緒に支払えて便利!(Softbank、Docomo、auの携帯を利用の場合)

さらに各会社と提携のカードで支払うと、カードのポイントもつくのでさらにお得に!

ふるさと納税【さとふる】

ふるなび

寄附金額の1%分のAmazonギフト券コードがもらえます!増量キャンペーンも実施されており、10%分のAmazonギフト券がもらえる自治体も!

さらにこちらのサイトではT-POINTが貯まるYahoo!カードが利用可能で、T-POINTでの支払いも可能!

ふるさと納税サイト【ふるなび】

年会費無料【Yahoo! JAPANカード】



楽天ふるさと納税

楽天市場や楽天カードを通常使っている方におすすめ!楽天カードでの支払いで楽天ポイントがもらえます。さらに楽天ポイントでの支払いも可能。

【楽天市場】ふるさと納税

楽天カードでポイントもゲット



F-STYLE

返礼品には珍しいファッションや日用品が揃うふるさと納税サイト。

ブランドから選択できるのでおしゃれなイメージのサイトで、ル・クルーゼ、T-falやベビー用品のエルゴの取り扱いもあります。

ファッションから支援・ふるさと納税エフスタイル



さとめぐり

山口県を応援するふるさと納税サイト。

おすすめポイントは12月末までのキャンペーンで寄附一万円あたり500円のQUOカードがもらえます!三万円以上の寄附でさらに1,500円分のQUOカードがもらえます!

山口ゆめ花博応援ふるさと納税は「さとめぐり」



今回私は様々なサイトで迷いましたが、Amazonギフト券コードがもらえ、普段使用しているJALカードが使える『ふるなび』で申し込んでみました。

ふるさと納税手順

返礼品を選択

サイト内で返礼品を検索します。

カテゴリーで検索したり、人気ランキング、さらに寄附金額を指定で絞り込むことも可能なのでとても分かりやすいです。

今回私はもともと買う予定のある品を選択したかったので、『電化製品』カテゴリーに絞って検索してみました。

買い替えが必要かなぁ~と思っていた電化製品は炊飯器、トースターなど様々な商品があり迷いましたが、今回はいずれLEDに買い替えを考えていた部屋の照明にしてみました!

寄附申し込み

寄附申し込み画面に進み、必要事項を選択・入力します。

寄附金の希望使い道の選択肢は自治体によって違うので面白いなぁと思いました。

私は普段JALカードを利用しているので、JALカードで決済しました。こうすることで、Amazonポイント&マイルももらえてとってもお得!!

JALカードキャンペーン中!

実際に税金が控除されるのはいつ?

『ふるさと納税ワンストップ特例』を利用してふるさと納税をした方は、翌年の所得税から納税した分が控除されます。

所得税は6月~翌年5月までで一年分を支払う仕組みになっています。来年6月あたりに送付される『住民税決定通知書』を確認すると、ふるさと納税で寄附した寄附金が控除されており、6月からの所得税の引き落とし金額が減額されているはずです。

※確定申告した場合は所得税からの還付もあります

まとめ

今回初めてふるさと納税を行うためにいろいろと調べ実践してみたところ、これはやらないと本当に損だな!!と強く思いました。

ただ何もしないで税金を支払うよりも、納税しつつも2,000円追加するだけで好きな商品をもらえたら絶対にお得ですよね?

今回LEDライトの他にふるなび一番人気のサーティーワン商品券も申し込みしてみました!

こちらは8枚なので500円×8枚=4,000円分。これだけで自己負担金の2,000円もカバーできちゃいます。

12月中にふるさと納税ができれば来年度の税金控除に間に合います!

まだやったことのない方もぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか??