http://sosmother.com/ 北海道子連れキャンプ場レポ!2018~オートリゾート滝野

北海道子連れキャンプ場レポ!2018~オートリゾート滝野

2018年北海道キャンプ場レポ!

今年度三度目のキャンプは8月お盆休みに札幌市南区のオートリゾート滝野へ行ってきました。

子連れに有力な情報をたっぷり・・・と言いたいのですが、実は二日間とも大雨でほぼタープやテントの中から出ることができず、名残惜しいキャンプになってしまいました。

そんなキャンプにはなってしまいましたが、施設の様子などをできる限りお伝えしようと思います。

スポンサーリンク

基本情報

所在地・連絡先

オートリゾート滝野

札幌市南区滝野247番地(国営滝野すずらん丘陵公園内)

(011)594-2121(9:00~17:00)

国営滝野すずらん丘陵公園とは

北海道初の国営公園で、広大な敷地に森、川、滝があり、たくさんの自然に触れることができます。キャンプ場の他、展望台、サイクリングコース、釣り堀、広大な遊具広場『こどもの谷』などがあります。

こちらの公園は入園料がかかりますが、キャンプ場を利用する際は施設利用料金を支払うと公園の入園券(一日分)がもらえますので、キャンプで訪れる際は一日目か二日目に公園で遊ぶことができます。

チェックイン/チェックアウト

チェックイン

PM1:00~PM5:00(6~8月のみPM6:00まで)

チェックアウト

AM8:00~AM11:00

予約・料金

事前予約が必要!

利用日の同日二カ月前から電話もしくはインターネット予約にて予約します。

予約状況の確認、ネット予約はオートリゾート滝野のホームページから可能です。

http://www.takinopark.com/

電話予約の場合

011-594-2121(受付時間AM9:00~PM5:00)

こちらのキャンプ場はとても人気です!ハイシーズンに利用する場合、確実に予約を取るためには、24時間予約可能なインターネット予約にて予約可能日になってすぐ予約手続きすることをおすすめします!

料金は利用するサイトによって違いますので、あらかじめどのサイトを予約するかホームページで確認しておくとよいです!

駐車料金について

通常は滝野すずらん公園への入場口で駐車料金(普通車410円)を支払うのですが、キャンプ場利用者は施設利用料に駐車場代金も含まれるので、入場口でキャンプ場を利用する旨を伝えるとそのまま通してくれます。

間違って駐車料金を払わないように注意しましょう!

遊び場情報

フリーサイト内に一部遊具があり、ちょっとの晴れ間に少しだけ遊べました。

今回は二日間びっちりの大雨だったため、残念ながらすずらん公園側の遊び場『こどもの谷』へは一切行けませんでした・・・

以前日帰りで遊びに行ったことがありますが、魅力的な遊具や場所がたくさんで、晴れていれば丸一日楽しめる公園です。

暑い時期は水遊びもできますし、一部室内で遊ぶ場所もあるので、今回キャンプ中に遊びに行けなかったのが本当に残念でした。

ちなみにキャンプ場で受付時にもらえる公園の入園チケットは、キャンプ滞在期間中に利用することが決まっていますので、今回のような悪天候の場合でもチケットの払い戻し、日にちの変更は一切できませんでした。

炊事場・トイレ・シャワー室

炊事場

私たちの利用したフリーサイトそばの炊事場です。高い天井の立派な炊事場で蛇口もたくさんあるので十分でしたが、調理台がないところがちょっと不便に感じました。お湯が出る蛇口はありません。

調理台の他に網などの汚れのひどいものを洗える洗い場が別にあり、これは便利だと思います。

トイレ

フリーサイトそばのトイレは、炊事場と同じ屋根の下にあります。

個室が6個、すべてウォシュレット付きで清潔でした。手洗い場も4か所あるので、朝もさほど混雑していませんでした。

シャワー室

シャワー室は大きな浴場にシャワーと仕切りがあり、シャワーは10個くらいありました。

利用可能時間は7:00~11:00、13:00~22:00なので、夜行けなかった場合は朝チェックアウト前にシャワーを浴びることも可能です。

こちらのシャワー利用料は施設利用料に含まれているので無料!いつものキャンプでは別の温泉に行ったりするので、ちょっとお得です。

こちらの写真は多目的シャワー室の脱衣場。

身障者や子連れにも優しい設計になっており、浴室にシャワーが2個ついているので家族一緒にシャワーを利用することができます。

なんと浴室にベビーベッドもありました!赤ちゃん連れでも安心です。

客層情報

今回は大雨にもかかわらず、まわりには結構な数のテントやタープが張られていました。

札幌市内から近いということと、お盆休み中というのも理由かもしれませんが、雨でも決行!という熱いキャンパーが多かったです。カーサイトなどもわりと埋まっていました。

客層は若者の集団はあまり見かけず、家族連れが多かったと思います。

おすすめのサイトは?

今回我が家は3家族でフリーサイトを利用しました。

フリーサイトはセンターハウスからの距離が結構あり、歩けない距離ではないですが、坂道ということもあり車移動が主だと思います。

カーサイトを利用するとセンターハウスからも近いので便利かと思いますが、複数家族で利用するとなると隣接するカーサイトを予約するのがちょっと大変かな?と思います。

それと、フリーサイトとカーサイトは利用料金にかなり差があり、カーサイトは4,100円、フリーサイトは1,550円。その差2,550円!この他に一人ずつ施設利用料がかかりますので、キャンプ場利用料としてはかなり高額になりますので、便利をとるかどうかは個人次第かな~と思います。

フリーサイトとはいえ、駐車場からの距離はそこまで遠くなく、荷物を運ぶ際はリヤカーの貸し出しもあったのでそれほど大変ではありません。センターハウスは遠いですがシャワーへ行く時しか用事もなかったので、我が家はフリーサイトで十分に感じました。

ちなみに今回のキャンプ場利用料金は大人二名+小学生二名、フリーサイト一泊二日で3,510円でした。

【内訳】

フリーサイト利用料1,550円(車一台分)

施設利用料大人860円×2名

施設利用料小学生120円×2名

寄り道情報

いつものキャンプであれば夜、もしくは翌日の帰り道に近場の温泉に寄るのですが、今回は便利なシャワー室で事足りてしまったので温泉には行きませんでした。

翌日も雨続きで遊べなかったので、帰り道にせめてアイスでも食べようと『RE di ROMA plus(レ・ディ・ローマ・プラス)』というお店に寄り道しました。

私は大好きなピスタチオフレーバーを食べましたがすっっごく美味しかった!!

こちらのジェラート、購入したフレーバーの他にスプーンに味見サイズをサービスしてくれます♪おまけのオホーツク塩もすっごく美味しかった~!!

ジェラートの他にピザなども売っています。

同じ建物内に『SIX COFFEE & CHOCOLATE』というコーヒーとチョコレートのお店とカフェがあり、とてもおしゃれなお店でした。

こちらでは焼き菓子とコーヒーを購入しましたが、こちらも美味しかったです。パフェなども気になったので今度はカフェも利用してみたいです。

まとめ

今回は終始雨のキャンプだったので、キャンプ場の遊び場についてはほぼ利用できず残念でした。ほとんど遊べず食べてばかりではありましたが、大人数で行ったので楽しく過ごしました。

そして雨の中設置したり撤収したりと大変なことがあった分、キャンプスキルはすごく上がった気がします(笑)

子供たちが公園で遊べず残念がっていたので、次回は日帰りでも連れてきてあげたいと思います。