http://sosmother.com/ 北海道子連れキャンプ場レポ!2018~安平町鹿公園

北海道子連れキャンプ場レポ!2018~安平町鹿公園

2018年キャンプ場レポ!

今年度初キャンプは6月中旬、安平町鹿公園に二家族で行ってきました。一昨年もこちらのキャンプ場には来たことがあり、子供たちが喜ぶスポットがたくさんなので子連れキャンプにはピッタリです♪

今回は安平町鹿公園キャンプ場の情報をお届けします。

スポンサーリンク

基本情報

所在地・連絡先

安平町鹿公園キャンプ場(4月29日~10月31日)

安平町追分白樺2丁目1番地

0145-25-4488

受付を行う管理棟↓

チェックイン/チェックアウト

デイキャンプ 午前10時~午後6時

宿泊の場合  午前11時~翌日午前10時

予約不要(先着順!)

区画もなく、完全なフリーサイトなので先着順に好きな場所を好きな広さでとることが可能です。(常識の範囲内で)大人数や複数家族と訪れる場合はとにかく早く行くことをお勧めします。

時間についてはあまりうるさく言われないかと思われます。(ハイシーズンはわかりかねますが・・・)今回は翌日片づけてキャンプ場を出た時間が11時過ぎくらいでしたが、管理人さんが見回っている姿などはありませんでした。

料金

キャンプ場より車で10分の場所に『ぬくもりの湯』という温泉施設があり、温泉を利用しようと考えている場合はキャンプ受付時にチケットを一緒に購入するとセット割引を受けることができます!(受付後に割引を受けることができませんので注意!

テント1張500円(タープとドッキングタイプだと両方で500円)

→ぬくもりの湯とのセット割引で1張450円

〔ぬくもりの湯 料金〕

大人(中学生以上)500円→セット割引で420円

子供(小学生)  250円→セット割引で210円

乳幼児      無料

今回はセット割引で受付したため、キャンプ場利用料と温泉代全部で一家族(大人2名+小学生2名)1,710円!!安~い!!

その他

管理人~夜間は不在

ペット~同伴可能。ペットと一緒のキャンパーが全体の3分の1弱くらい大勢いました。

ゴミ~すべて持ち帰りです。

荷運び用リヤカー~無料貸し出しがあります。

バーベキューハウス~1炉1回につき1,200円で借りられます。

花火~手持ちのみ可能。午後9時までに指定場所にて行うこと。(管理人に申し出が必要です)

コンビニ~車で10分の追分町内にセイコーマートがあります。


テントサイト・トイレ・炊事場情報

テントサイト

テントサイトは第1サイトと第2サイトがあります。

どちらも敷地は芝生で、トイレ・炊事場が一か所ずつあります。

子連れの場合はアスレチックなど遊具の近い第2サイトをお勧めします。今回第2サイトは子連れキャンパーで大賑わいでしたが、第1サイトにはテントは2、3個しか張られておらず穴場に感じました。

さらに炊事場・トイレは第2サイトより少し古いものの、どちらも広さは第1サイトの方が広いです!

〔第2サイト・敷地の様子〕

決まった区画がないので場所は取ったもん勝ち!?な感じです。

トイレ

トイレは個室が2個(和式1個、洋式1個)のみで、各テントサイトに一か所ずつしかないので少ないと思います。洋式の個室内におむつ替えの折りたたみベッドが備え付けてあります。手洗い場は第1サイトは広々としていましたが、第2サイトのトイレは一か所のみで狭く感じました。

第1サイトのトイレ外観と手洗い場↓

炊事場

炊事場もトイレと同様各テントサイトに1か所ずつ設置してあります。

蛇口が6個しかないため、朝は洗顔、朝食準備、後片付けのため利用する人がたくさんいてちょっと混雑しました。お湯は出ないので今回もゴム手袋が大活躍しました。

テントサイトの広さを考えるともう1か所くらい炊事場とトイレが設置されていたらいいのになぁと感じました。

遊び場情報

第2サイトのすぐ横に様々な難易度のアスレチックが1~10まで設置されています。うちの小学二年生の娘でもすべてクリアできるくらいの難易度ですが、結構高さのある遊具もあるので幼児に遊ばせる場合は付き添ったほうがよさそうです。

アスレチックの他に健康遊具というものも10個くらい設置してあります。鉄棒などもあるのでこちらでも子供たちは結構遊んでいました。

アスレチックの真ん中には『よちよち広場』という幼児用の遊具が設置されています。

第1サイトの奥には散策路があり、奥へ進むと憩いの広場、大きな池や橋があります。池には水芭蕉が咲いていて橋の上からの眺めがとてもキレイです。

池の反対側にはエゾシカを飼育している敷地があり、子供たちは生えている草を食べさせていました。エゾシカの敷地奥にはウサギ、ウコッケイを飼育している小屋があり、動物たちを見学することができます。

遊具がたくさんあり、動物を見たり触れ合ったり、楽しめるスポットがたくさんあるので子供たちは退屈しないでずっと遊べました。ただ、動物がいるエリアは大きな池があり、テントサイトから少し離れているので(第2サイトから歩いて5分ほどですが)子供だけで遊びに行かせるのは少し危険かと思われます。

テントサイトはほぼ芝生なので、テントが張られていない場所でキャッチボールやバドミントンなどもできます。キックボード、スケートボードで遊ぶ場合は動物がいるエリアの方まで行くと憩いの広場などは舗装されてるので遊べます。

管理棟そばには自由に借りれるレンタサイクルもありました。(申し込み不要で時間も決められていないため、ずっと独占している家族がいましたが・・・(-_-;))

温泉情報

今回は翌日片づけを終えた後に温泉に入ってきました。時間は日曜日の11時半ごろでしたが空いていてゆっくり入ることができました。

洗い場は10か所、内風呂2か所、露天風呂1か所、サウナもあります。洗い場がわりと少なかったので昨晩来ていたらキャンプに来ている人たちで混雑していたかもしれません。ボディーソープとリンスインシャンプーが備え付けでありました。

露天風呂のお湯がとても赤くて、後で調べたところ天然鉱石を使用したお湯とのことですが、さらっとしていて上がった後ずっとポカポカしていました。

館内は広々としていて座敷、キッズスペース、温室までありました。館内も温泉も全体的にそれほど古さも感じず、きれいだと思います。

客層情報

第2サイトはほぼ子連れのファミリーキャンパーと、愛犬を連れた家族も多かったです。

今回訪れたのが6月中旬とは思えない気温で、日中でも12、3度しかなくとても寒かったのですが、それでも第2サイトの混雑具合はすごかったです。

私たちが到着した頃はまだ場所も空いていて悠々とテントを設置することができたのですが、気づくとどんどん周りにテントやタープが増え、ほぼスペースがないくらいの密集具合でした。

対照的に第1サイトにはテントが2、3個しか張られていなかったのでスペースはまだまだ十分に空いていました。洗い場・トイレも第2サイトより広く、混雑具合を考えると第1サイトに張ってもよかったかなぁと後で思いました。

その他情報

キャンプ場内にものすごく広いドッグランスペースがあります。ドッグランスペースの中に足を洗う場所もあり、愛犬を連れたキャンパーが多い理由かと思われます。うちも愛犬を連れてキャンプしてみたい気持ちがありますが、他の犬が苦手なのでいつもお留守番・・・愛犬連れキャンパーがうらやましかったです。

荷運び用のリヤカーを自由に使うことができますが、時々子供がリヤカーを引っ張っていて車にぶつからないかひやひやする場面を目撃しました。なるべくそのような事故にあわないために車を停める場所は通路に近い場所や、駐車場の端は避けたほうが無難かと思います。

まとめ

今回のキャンプ場は札幌から車で1時間半くらいで到着できるので、早朝出発が厳しい遠いキャンプ地よりもかなり楽です。

とにかく子供が喜ぶ遊び場がたくさんあるので、飽きずに楽しめると思います。

今回は子供たちの遊びの間にパンを作ったり焚火をして楽しみました。お友達家族も一緒だったので、一緒に何かをするということがますます楽しかったようです♪

こんな記事も書いています↓

キャンプでの楽しみのひとつ『料理』を子供たちと一緒に楽しめたら、キャンプの思い出がまた一つ増えますよね! 今回は親子で作れる簡単・おいしい...
子供と一緒に行くキャンプには、普段経験させてあげられない貴重な体験がたくさんあります。 テントやタープで住居スペースを作ったり、炊事のお手...

北海道のキャンプシーズンはこれからの方が暖かくなり楽しめると思います!

ぜひ訪れてみてはいかがでしょうか?