http://sosmother.com/ レーシック手術を受けます!実体験レポ(北海道札幌市)

レーシック手術を受けます!実体験レポ(北海道札幌市)

ここ2、3年ずっと悩んでいたレーシック手術、とうとう受けることになったのでレポートしていきたいと思います!

スポンサーリンク

レーシック手術を決心したきっかけ

私は中学生のころから急激に視力が低下してメガネになり、社会人になってからはずっとコンタクトレンズを使用しています。
現在の視力は両目共に0.03・・・相当悪いです。
メガネを作ってもレンズが厚すぎて選べるフレームが限られるし、レンズを特殊加工する別料金はかかるし・・・とにかく何年も目が悪いことで煩わしいことがたくさんありました。

私はずっとハードコンタクトレンズを使用していて、買い替えも頻繁にすることなく何年もそのまま過ごしてきましたが、あの東日本大震災があってからレーシック手術を考えるようになりました。

もしも災害に見舞われた時、コンタクトレンズやメガネを紛失してしまったら・・・?
私は日常生活がかなり困難になる上、何より子供とはぐれてしまったら人の顔も判別できないほど見えないので子供を探すこともできないのです!!なんて恐ろしい・・・
そんな不安から視力回復手術を調べ始めました。

調べ始めると意外にも周りにレーシック経験のあるママが数名いて、その全員が満足した結果を得ていたことを知り、手術を決心したのでした。

病院探し

周りにいるレーシック経験者はレーシックが流行っていた5年以上前に手術を受けた人ばかりでした。
手術した病院名を聞きネットで調べてみると、ほぼ閉院されている病院ばかり・・・不安になりました。

しかし経験者の友人と話をしたときに、恐らくレーシックは一度きりしか需要がないから一時期たくさん増えた病院も需要がなくなって閉院することになったのでは?と言っており、なるほどいくつか調べた病院は他の病院と合併していたり、北海道から撤退している病院もありました。

看護婦の友人からはとにかく術後のアフターフォローをしっかりしてくれる病院を選んだ方がいいと言われ、札幌ではいちばん有名で大きくて閉院の心配がなさそうな『品川近視クリニック』に決めました。

品川近視クリニック 札幌院
札幌市中央区北4条西5-1 アスティ45ビル2F

検査日・手術日予約

インターネットで検査日と手術日を予約すると、その日のうちに病院から連絡があり、検査から手術までの流れ、持ち物、注意点などを説明してくれました。
事前に調べていたので知っていましたが、ハードコンタクトレンズは検査の二週間前から使用禁止、ソフトコンタクトレンズは三日前から使用できません。
なので私は夏休み明けに検査日を設定し、夏休み中ずっとコンタクトをせずメガネで過ごしました。

電話では一日レーシックも進められました。午前中の早い時間に検査して、午後3時以降に手術を行うというもので一日レーシックだと通常より一万円引きとのことでした。しかし子供たちが学校から帰ってくる時間になってしまうので、私は検査日と手術日を別日にし、両方とも午前中に終わる時間に予約してもらいました。

検査当日の流れ

検査当日はアイメイクなしで病院へ行きました。(事前に言われていました)
そして検査後は車の運転ができないとも言われていましたのでJRで向かいました。

院内はとても綺麗で清潔感があり、患者さんは4~5名しかいなかったのでとても静かでした。
受付を済ませると問診票を4枚書き、その後検査です。検査の前には手荷物をすべてロッカーに預けました。

まず四種類の機械で検査しました。
近視・遠視・乱視の程度、角膜の細胞と厚さ、眼圧等を調べた後、細かい視力検査をしました。
この視力検査、かなり時間をかけて行われて、利き目を調べたり、乱視の程度、矯正してどの程度視力が上がるかなど細かく検査されました。
その後は暗室での検査で、ここでも数種類の機械で検査するのと、角膜の写真を撮ったりしました。

暗室から出た後、「今までの検査で通常より角膜が薄いという結果が出ていますので、もう少し詳しく検査します」と言われ、また違う機械で調べることになりました。
その機械は眼球に棒のようなものを直接触れさせるもので、検査前に点眼の麻酔をして行いました。
点眼後30秒ですぐ麻酔が効き、20分間持続するそうです。
点眼後は目に少しだけ違和感がありましたが、検査中棒は見えますが触れられている感覚はなく、右・左と何度か繰り返して終了しました。
検査はここで終了しました。

診察~なんという結末!!

最後、診察室に呼ばれ、診察を受けました。
ここで私の目にあった手術法を紹介してもらい、金額なども合わせてどの手術にするかを決めていきます。

しかし・・・

先生の発した言葉が予想もしなかった言葉でした。
「角膜が薄くて手術できません」

ガガーーーーーーーーーン!!!!!

私の角膜の厚さを表す数値を見せられ、私の視力を矯正するのに削る厚さの数値を合わせると角膜の厚さが足りず、手術できないとのこと・・・

角膜の厚さというのはほぼ生まれつきで、どうしようもないこと。
もう少し視力が悪くなければ手術は可能だったが、今の私の視力が悪すぎたのも原因とのことでした・・・。

何年か迷って、調べて、手術の怖さや費用面でもかなりの覚悟でやってきたのにこの結果とは・・・。
もーーーーーガックリでした。

でも仕方ないこと。
主人にも「仕方ないね。でも今まで通りでしょ」と言われました。

参考までに・・・

受付から検査、診察までの所要時間は一時間半くらいでした。
検査費用はすべて無料でした。

ガックリでしたが、今後ずっとメガネ&コンタクトレンズと仲良くやっていこうと思います。
とりあえずは素敵なメガネを新調するぞーーーヽ(*>□<*)ノ