http://sosmother.com/ 登別マリンパークニクスへ行って来ましたレポ!子連れお役立ち情報2017年10月

登別マリンパークニクスへ行って来ましたレポ!子連れお役立ち情報2017年10月

登別マリンパークニクスへ行ってきたので子連れおでかけの参考にレポします!

主人と二人で十数年前に訪れた以来だったのですが、その頃の印象では入場料が高い割にたいしてみるところもなくてつまらない・・・だったのが、いろいろと新しい施設ができていたり、子連れで行くと楽しいスポットもわりとあって一日楽しんでこられました♪

子供が喜んだスポット、実際どんな風に見て回ったのかを紹介します!

スポンサーリンク

基本情報

登別マリンパークニクスとは、北海道でも有名な温泉街『登別温泉』からほど近い場所にある「北欧ロマンと海洋ファンタジー」をテーマにした水族館です。

パーク内は北欧風の建物が点在していて異世界に来たような感覚が味わえます。メインのニクス城は内部が水族館になっているとはとても想像ができない素敵なお城で、外観と中身のギャップがおもしろい施設です。

北海道登別市登別東町1-22(札幌より高速で約90分/新千歳空港から高速で約60分)

0143-83-3800

営業時間9:00~17:00(4月に数日施設点検のため休館日あり)

[入場チケット]※10名以上で団体割引あり

大人(中学生以上)  2,450円

こども(4歳~小学生) 1,250円

乳幼児(3歳以下)   無料

駐車料金 500円(一般車両)

今回私たちは日専連エスコートカードのHPより割引券をゲットしたので、下記の割引料金で入場できました!

大人2,450円→2,200円

こども1,250円→1,150円

他にもJAFの会員証提示などでも割引制度があります♪

入場したらすぐにアトラクションスケジュールをチェックしよう!

まずはその日に行われるアトラクションスケジュールを確認して、その時間に合わせてどこを見るか計画をたてます。行われるアトラクションは5種類!

・イルカショー

イルカショープールで行われるイルカのショー(約15分間)

・ペンギンパレード

ペンギンたちが広場を行進する姿を目の前で閲覧(約20分間)

・アシカショー

アシカショープールで行われるアシカのショー(約15分間)

・イワシのパフォーマンス

銀河水槽で行われるイワシ10,000匹とサメのシンクロウェーブ(約10分間)

・アザラシのごはんの時間

アザラシのリングプールで行われるごはんの時間(約15分間)

アトラクションが行われる場所はすべて違うので、場所と時間をしっかり確認することをお勧めします。参考までに施設内端にあるイルカショープールから反対端にあるアシカショープールまでは大人の足で5分~6分程度です。

ペンギンパレード

現地についたのが10時半すぎだったのでまずは11:00ペンギンパレードを見物。パーク内に入ってすぐペンギンたちが歩くルートの周りに人が集まりつつあったので、早めに場所取りで陣取りました。中国人?韓国人?観光客団体が並んでいてもグイグイ来るのでご注意ください(汗)

この時、ペンギンたちはニクス城右側にあるペンギン館からパーク入り口へ向かって歩いてきます。ペンギン館に近いところで見ればペンギンたちが通り過ぎた後、すぐ次の場所へ移動できるので、ペンギン館に近い場所で見物しましょう!私たちはペンギンが通り過ぎた後はすぐにイルカショープールへ移動しました。

パレードは大きいペンギンの後ろに小さいペンギンもよちよち歩いてきてとても可愛かったです。

イルカショー

ペンギンが通り過ぎてすぐにイルカショープールへ移動したので、11:25分からのショーまでは10分ほどありましたが、ショーの開始までは席に座って持って行ったお菓子を食べて待ちました。

席は長い椅子が4段とその後ろに立ち見スペースがありますが、一番前の列は座ると目線が水槽しか見えなくなる上、水しぶきがかかる可能性大なので一列目、二列目に座っている人はほぼいませんでした。プールの側面が透明になっていて、ショーの途中でイルカたちの水中にいる姿を見せてもらえるので水中も水上も一番よく見えるオススメは3列目かな?と思います。

この回は少し小さ目のカマイルカ二匹の素敵なショーでした。

ニクス城見学

イルカショーの次は11:50のイワシのパフォーマンスがありましたが、イルカショーが終了したのが11:40だったので、急いで行ってもいい場所では見られないし子連れで人混みを走るのも危険だと思い断念し、ゆっくりとニクス城内部を見学することにしました。

入口に入ってすぐ縦に長く見上げる高さのある綺麗な水槽があります。そして順路はエスカレーターで上へ向かうのですが、このエスカレーターが面白い!!左右柵などもなく、エスカレーターの下は大水槽の上部分(海面)なのです!上から水槽を眺められ、エイやサメの姿もちらほら見えて大迫力でした。

エスカレーターで最上階まで移動して数々の水槽や展示物などを見ながら途中下り坂の通路があり、また水槽があり・・・という構造になっています。上りも下りもバリアフリーになっているのでベビーカーのまま見学できますが、下りの通路が結構長くて急なの注意が必要です。

展示の中にタッチプールという生き物に触れるエリアが三か所あって、子供たちは大喜びでした。一つ目ではヒトデやカニ、ヤドカリの水槽、二つ目はエイと小さ目のサメ、三つ目はヒトデとなんとカブトガニにまで触れました。エイのひれには毒があるようですが、きちんと毒抜きされているようです。各水槽のそばには手洗い場所が設置されているので衛生面も安心でした。

途中写真スポットが二か所あり、イルカ・ペンギン・アザラシとニクスの看板のスポットとサメの口の中に入って写真を撮れるスポットがありました。

最近できた金魚の水槽が万華鏡のように鏡でいっぱいの部屋に飾られている「金魚万華鏡」も幻想的でとても綺麗でした。

その先に有名な巨大水槽の水中トンネルがありました。とても見どころがたくさんでニクス城で1時間くらい見物し、まだまだ足りないくらいでしたが次の13:00アシカショーへ向かいました。

アシカショー

アシカショープールもイルカショープールとほぼ同じ規模・構造になっていて、客席は4列ありました。イルカショー同様最前列に座る人はいませんでした。

アシカのショー自体はおたる水族館などと同じような内容でしたが、今回はアシカが一匹しかいなかったので少し残念でした。

日曜&祝日限定イベントあり

この日は祝日だったので限定イベントの受付が13:15からありました。

①イルカに餌やり&握手体験

2名1,000円(先着15組限定)

13:15からイルカショープール入口にて受付、13:45~体験

②アシカに餌やり&アシカプールバックヤード見学

一組5名まで1,000円(先着5組限定)

13:15からアシカショープール入口にて受付、13:30~体験

どちらのイベントに行くか迷いましたが、子供たちの希望を聞いてイルカの受付に行きました。イルカのチケットはすぐになくなるという噂を聞いたので、受付時間より10分前に到着しましたが思いのほか混雑はなく、チケットは余っていました。

イルカショー(二回目)

イルカに餌やり&握手体験の前に13:30からイルカショーがあったので、ついでに二回目だけど見ようか~と見学することに。

すると一回目に登場したイルカとは違う少し大きいバンドウイルカという種類のイルカショーで、イルカも全部で4頭、ショーの内容も一回目とは違ったので二回見てよかったです!

イルカに餌やり&握手体験

二回目のイルカショー終了後にそのままイルカショープールで体験ができました。

チケット購入時の順番通りなのでトップバッターでした(笑)餌やりはプールの外側にある台の上に立って行いますが、この場所が二か所あり、同時に二組ずつ行われます。

餌はプールにいるイルカの口元に手で生の魚を投げてあげるので、魚を手で触れないと難しいです。背が低い小さい子の時は足元に台を置いてくれるので、届かないこともなく体験できます。

握手はスタッフの方が合図するとイルカが立ち泳ぎで水から身体を出してくれるので手の当たりを触る感じでした。とても可愛かったです。

体験の間、台から少しはなれたところにある別の台に登って動画も写真も取り放題でした。スタッフの方がカメラ目線になるように子供たちを指導してくれるので、写真も動画もわりとゆっくり、ばっちり撮ることができました!

この体験で一人500円ならすごくお得!!と思います。(先日行ったサーカスでは像と写真を撮るだけで800円ですからね・・・)

レストラン事情

この時点で昼食時間がかなりすぎていましたが、館内には団体レストランが5か所もあるのに団体客以外向けのレストランは一か所しかなく、あとは軽食系しか売っていませんでした。レストランのメニューは洋食系で大体1,000円以上・・・子供たちが好んで食べるような内容ではなかったので、持参したおやつをつまみながら見学を続けました。

もう少し子供と一緒に入りやすい、ファミリー向けのレストランがあればいいのになぁと思いました。

陸族館見学

イルカショープールを出てすぐにある陸族館にはカメや蛇など爬虫類・両生類の展示がありました。こちらの最後の展示ゾウガメにも甲羅部分を上から触ることができました。

陸族館の外にちょうどニシキヘビとの写真撮影イベントが行われていて、一人100円でした。子供たちがやりたい!!と言ったのとせっかくだからと私たち夫婦も家族全員ニシキヘビを首に巻いて撮影を行いました。蛇の口はテープが巻かれているので危険はなく、貴重な体験ができました。

陸族館のわきにまたまた面白い写真スポットがありました。

カメの甲羅に入ってカメの姿で写真が撮れる!!穴の大きさから言って子供用ですが子供たちも大喜びでした。

アザラシのリングプールと銀河水槽見学

最後にゆっくり見ていなかったアザラシのリングプールとニシンが10,000匹いる銀河水槽の見学をしました。

アザラシはしばらく見ているとちゃんとリングを通って泳いでくれるので見ていて飽きなかったです。

銀河水槽は時間が合わなくて見られなかったイワシのパフォーマンスが行われる場所だったのですが、薄暗い中にライトアップされた水槽があり大量のイワシが絶え間なく泳ぐ様はとても幻想的でした。今回イワシとサメのパフォーマンスが見られなかったのがとても残念でした。

小さな遊園地ニクスランド

この時点で時間は14:30。おなかもすいたしもう帰る気満々な私たち夫婦をよそに、子供たちは遊園地でも遊ぶ気満々でした。

入場券を買った時に観覧車の一名無料チケットをもらっていたので、子供二人だけ観覧車一周乗って帰ってきました。

乗り物は他にメリーゴーランドやバッテリーカー、お化け屋敷などがありましたが小さい子向けの遊園地という印象でした。料金はアトラクションにより一回200円~300円でした。

まとめ

アトラクションスケジュールを回るだけでかなり見応えがある上、ニクス城をもっとゆっくり見学したり、子供たちに思う存分タッチプールで遊ばせたりしていたらまだまだ長時間遊べたと思います。お昼ごはんをどこで取るかが問題ですが・・・

陸族館の裏手に小さい子供向けの遊具があったので天気が良ければここも喜ぶスポットだと思います。マリンパークでは持ち込み飲食禁止との表記もないのでお弁当もこの周辺で食べられそうかな!?と思います。

入場料は高めですが、思っていたよりはずっと楽しくすごせる施設でした♪

次回は登別温泉に泊まって翌日の朝からパークに遊びに来て、ぜひイワシのパフォーマンスを見に行きたいと思います!