http://sosmother.com/ こどものストレスを軽減~ハンドマッサージでスキンシップ

こどものストレスを軽減~ハンドマッサージでスキンシップ

先日のスクールカウンセラーとの面談から、うちの長男は『学校生活でストレスを受けやすいタイプ』ということを頭において接してあげようと意識して過ごしています。
とは言え、愚痴をきいてあげるくらいしか・・・と思っていましたが、ストレスを軽減と調べたときにこれはいいかも!と思ったのが『ハンドマッサージ』!!
子供にとって親とのスキンシップはとても重要だし、じっくり向き合える時間もつくれるし一石二鳥だ!と思い、子供にしてあげるハンドマッサージについて調べてみました。

スポンサーリンク

ハンドマッサージの効能

ハンドマッサージとはさまざまな神経が集中している手のひらのツボを刺激してあげることによって、血行を促進し、冷えを解消したり、ストレスを和らげる、さらにはリラックスの効果も得られます。

大人はもちろんのこと、子供にもこの効果は期待できますし、さらには大好きなお父さんやお母さんにマッサージをしてもらうことによって安心感を得られます。
少し大きくなって親との触れ合いに照れてしまうお子さんとも、ハンドマッサージなら自然な形で触れ合うことができるので、とてもよい親子のスキンシップになります!

準備するもの

特別になにか用意する必要はありません。
ただ、オイルやハンドクリームを使用することですべりが良くなりマッサージしやすくなったり、お互いの手の保湿にもなりますのでオススメです。
もし特別に用意するとしたら、肌の敏感な小さいお子さん用であれば植物性オイルで無添加のものだと安心です。
普段から使用している好きな感触・香りのもので十分だと思います。

マッサージ方法

専門的なハンドマッサージの手法を学ばなくても大丈夫です!

1.お子さんの手を優しくつつんであげてさすってあげる(オイルやクリームがあればぬってあげる)
2.指の付け根から指先にかけて優しくさすってあげる
3.自分も押されたら気持ちの良い部分(ツボ)あたりをやさしく押してあげる
4.全体をさすってあげて終了

だんだんとお互いの手があたたかくなって疲れが取れ、リラックスすることができます。
ふだんはあまり話さない子でもゆっくり向き合う時間を作ることで会話がうまれる可能性がありますね!

より良い時間帯

ハンドマッサージをするにあたり時間帯は特に気にする必要はありませんが、お風呂あがりに行うと一番血行がよくなります。
また、マッサージしてあげるお父さん、お母さん側にも心に余裕がある時間帯でなければゆっくりとマッサージしてあげられないので、やはり家事などがすべて終わってゆっくりしている時間が良いと思います。

もしお互いに時間がなくてゆっくり向き合う時間がなくとも、例えば学校へ出かける玄関先でハンドクリームをぬってあげて『いってらっしゃい!』するだけでも、お子さんは気持ち良く『いってきます!』と元気な笑顔で出発できますよ!

結果子供の反応は・・・

うちの荒れていた長男に初めてハンドマッサージをしてあげたときは、照れくさそうに「きもちわるい~(ハンドクリームが)」なんて言っていましたが、優しく触れているうちにおとなしくされるがままじっとして気持ちよさそうにしてくれました。

その後毎日ではないですが、時間に余裕があるときはマッサージしてあげるようにしていると、その日によって学校でのことを話したり話さなかったり・・・
自分から「今日は手、してくれないのー?」なんて声をかけてくることもあります。
マッサージを始める前に比べると学校での出来事をだいぶ自分から話すようになってくれました!

なかなか普段子供とゆっくり過ごしていない、甘えさせられていないと感じているお父さん、お母さんに子供へのハンドマッサージはぜひオススメです!!