http://sosmother.com/ 子供と一緒に小動物と触れ合えるカフェへ行って来ましたレポ!

子供と一緒に小動物と触れ合えるカフェへ行って来ましたレポ!

うちの娘は小さい頃から動物や生き物が大好き!道を散歩している犬はもちろん、虫、カエルや魚も怖がることなく何でも触りたがります(笑)

そんな娘と初めて小動物と触れ合えるカフェへ行ってきたので紹介します。

スポンサーリンク

お店の基本情報

『あにまるかふぇ』札幌狸小路店

札幌市中央区南3条西3丁目-11N-messeビル4F

011-222-4433

営業時間・料金システム

OPEN 11:00 CLOSE 20:00

大人1,200円

小人 600円(小学生以下)

会員 900円(入会金500円で永久会員)

時間制限なしのフリータイム制 1ドリンク付き

店内の様子、衛生面(におい等)は!?

想像では店内に入ってすぐ動物がわちゃっといる感じかと思っていたのですが、そんな感じではなく、広々としていて明るく、清潔感もあり動物臭いにおいもありませんでした。

ネコが一匹優雅に歩いているのと、店内奥の方、小さいプールにあひるが一匹浮かんでいました。他の小動物(ハリネズミ、ウサギ、フクロウ他鳥類)はすべてゲージに入れられていて自由に動き回ってはいなかったです。

どんな動物とどんな触れ合いができるの?

ゲージに入っているほとんどの動物はスタッフの方に言えばゲージから出して触れ合うことができます。大き目のふくろうとインコは観賞用で触れないそうです。

触れ合うことができた動物は

ねこ、アヒル、ふくろう、うさぎ、プレイリードッグ、ハリネズミ

ゲージから出してもらって動物と触れ合う時は、基本的に店内の『ふれあいゾーン』という飲食スペースとはガラスで仕切られている場所に移動します。

うさぎは膝にタオルを敷いてくれ、その上に抱っこするという触れ合い方ができます。スタッフの方が上手に膝にのせてくれるので、幼稚園くらいのお子さんでも大丈夫だと思います。

ふくろうは専用のグローブを装着し、スタッフの方がグローブの上にとまらせてくれます。この時ふくろうとグローブを短いロープでつなぐので、顔と手の距離を保てば顔に飛んでくる心配もありません。膝にはタオルをのせているので服が汚れる心配もありませんでした。ふくろうの重さは手で支えなくてはならないので、わりと力がいります。幼稚園くらいのお子さんだと一人で支えるのは厳しいかな?と思いました。

娘が一番喜んでいたのはハリネズミ!ハリネズミはゲージから出してもらって自分の席で触れ合うことができます。抱っこしたりテーブルを歩かせてみたり・・・わりとおとなしいのでゆっくり触らせてくれます。

カフェのメニューは?

ドリンクの一杯目はメニューから好きなものを一品選びます。

飲み物のメニューは冷たいものもあたたかいものもあり、コーヒー、紅茶、ジュース以外にキレイな色のハーブティーが三種類ありました。ジュースはコーラ、ジンジャーエール、メロンソーダ、カルピス。それと種類は多くないですが、なんとアルコール(ビール、焼酎、モヒート、カクテル)もありました。

ドリンクはオシャレなメイソンジャーに入ったものを出してくれます。蓋がついているので動物の毛が入る心配もありません。

追加ドリンクはソフトドリンクはオール200円、アルコールはオール400円です。

フードメニューはオール500円で、フードメニューとデザートメニューがありました。フードメニューにはピラフ、パスタ(4種類)、ソーセージの盛り合わせと人気メニューらしい明太マヨジャガの炙りチーズというグラタンがありました。デザートメニューには動物をモチーフにしたカップケーキやパンケーキ、パフェやかき氷がありました。軽食にはよさそうですががっつりランチに来る感じのメニューではないかな?と思います。

まとめ

動物が大好きで触りたい!触れたい!!というお子さんならきっと喜んでくれるスポットです。時間が無制限というのも、思う存分楽しめるのでとてもいいですよね!

あんまり動物得意じゃないお父さん、お母さんでも、店内そこかしこに動物がいるわけではないので安心して付き合ってあげられます。ちなみに写真や動画は撮り放題ですので、動物と触れ合う可愛い我が子をたくさんおさめられますよ~(フラッシュは禁止)

私的にはパンフレットと大違いのまるまる太ったプレイリードッグがツボでした。座る格好が最高(笑)