http://sosmother.com/ 木下大サーカスに行って来ました~良い席をゲットするポイント、子連れに役立つ情報のまとめ!

木下大サーカスに行って来ました~良い席をゲットするポイント、子連れに役立つ情報のまとめ!

8月に木下大サーカス札幌公演を観てきました!
良い席をゲットするポイントや子連れに役立つ情報など、これから観に行く方への有力情報を紹介します!

スポンサーリンク

チケット購入のしくみ

まず、公演チケットのしくみは入場料金(自由席チケット)を購入し、指定席で観覧したい場合はそれに1,500円~2,500円の指定席チケットをプラスするしくみになっています。
自由席チケットは会場へ行く前にコンビニなどで前売り券を購入していくと当日券3,200円→2,800円で購入できます。
※木下大サーカスのHPに割引クーポンがあるので当日これを利用してチケットを購入してもOK!

並ばずに安心して観覧したい場合は指定席チケットを購入しておくと安心ですが、観覧日の4日前に発売を締め切るみたいなので注意が必要です。

会場へ入場の流れ

入場を待つ間、『指定席・特別自由席入場口』と『自由席入場口』の2か所のテントに分かれて並びます。
どちらにも日よけのテントが張ってあるので暑い中長時間待つ場合でもありがたいです。

テント外にある売店は10時に開店、ポップコーンやかき氷、フライドポテト、ジュースなどが売っているので入場前に購入して開場を待つ間にも食べられます。

開場するとまず『指定席・特別自由席入場口』に並んだ方が会場に入り、それから『自由席入場口』の方が入場する流れになります。

自由席で確実に良い席をゲットするには!?

『自由席入場入口』はとにかく早く来て早く並んだ方が先に会場に入っていい席をゲットできます。

ただし!!

ここで注意が必要なのが、当日二回目以降の公演の場合。
前回の公演でもしも会場内が満席になってしまい自由席に座れない方がいた場合、次回公演の優先入場の整理券が配られ、どんなに早く行って並ぼうとしても整理券を持っている方が先に入場するしくみになっています。
なので早く行って並んでいい自由席をゲットしたい場合はその日の一回目公演に行くのが絶対です!!

当日窓口でしか購入できない特別自由席とは!?

指定席はちょっと高いけど、もう少しいい席で観たい…という方にオススメなのが、『特別自由席』
これは当日窓口で一席1,000円(開催場所によって多少金額に違いがあるようです)で購入することができ、席数は少ないですが指定席ロイヤルイエローの横に設定してある座席です。
『特別自由席』のチケットを購入すると、『指定席・特別自由席』の列から入場することができます。
この列に並ぶ大半の方は指定席チケットを持っていて、場所取りをしなければならないのは特別自由席の少数人だけなので、そこまで走ったり必死な方はいませんでした。
『特別自由席』は赤い席です。赤い席を目指していい席をゲットしましょう。

しかし注意が必要なのが座席数の少なさ。
特別自由席は3席並びが10列、その後ろに4席並びが3列。これがロイヤルイエロー席の外側それぞれ2か所しかありません。
なので大人数で行った場合、同行者と前後に分かれるもしくはバラバラに座らなければならない可能性がありますので注意してください。

どの席で観るのがオススメ?

テント内の印象は思っていたよりわりと狭く、どの席からもそんなに大差なく楽しめる気がしました。
ただ、自由席の一番外側の端になってしまうと、ステージ中央前方で行われる手品などは何をやっているのか見えづらかったり、演目の中にあるバイクのショーで使われる球体の側面が目の前なので、バイクのショーは全体像が見えず何をやっているのかわからなかったようです。(友人談)
一番近い指定席のリングA~Cは動物など間近に見えるので迫力はあると思いますが、空中ブランコなどは見上げる形になるので首が辛そうでした。
途中ピエロが座席にやってきてくれるのですが、リング側の席よりもロイヤルブルー・イエロー、自由席に来てくれる頻度の方が高かった気がします。

どの席で観るのがオススメかをまとめると・・・

指定席ならロイヤルブルー、ロイヤルイエローが私的にはオススメです!
自由席なら一番指定席側。
もちろん間近で迫力を味わいたい方はリング席で楽しんでくださいね!

子連れお役立ち情報

まず座席ですが、指定席・特別自由席には背もたれとクッションがあり、長時間座っていても楽だと思いますが、自由席は背もたれがない比較的固いベンチです。
自由席に座る場合は何か座布団ややわらかい敷物があるといいかもしれません。

場内は持ち込みの飲食禁止となっていますが、外の売店で購入したものは持ち込めます。
売店では『ポテロング』『おっとっと』など市販のお菓子も売っているのでそこまで厳密に持ち込みチェックはされないと思います。
お昼に差し掛かる場合、おにぎりも売っていましたのでお子さんのお昼ご飯も心配ないです。

子連れで心配なのがトイレ事情。
トイレは仮設トイレがたくさんあります。水洗で仮設の割にはキレイですし洋式です。
自由席の場合トイレの場所をあらかじめ把握し、そこから近いテント入り口そばの席だと休憩時間に入ってすぐ行けば並ぶことなく利用できると思います。

それとテントの外に象さんと写真を撮れるコーナーがあります!(一枚800円)
このコーナーは一回目の公演終了直後から開始されるので、一回目公演の方は公演終了後すぐ、二回目、三回目公演の方は公演前に撮りに行くことをお勧めします。
各公演終了後から長蛇の列になりますよ~!!

おまけ 優先入場つき自由席チケットについて

実は今回私は知人から『優先入場つき自由席』チケットをゆずっていただき、このチケットを利用して観覧してきました。

こちらのチケットは自由席ではあるけれど、入場の際『指定席・特別自由席入場口』からの入場が可能なのです!
さらに、同行者の一人がこのチケットを持っていれば全員が一緒に会場に入れるので『自由席入場口』で並ぶ人よりも早く確実にいい席をゲットできます。

調べるとこのチケットはサーカス公演開始前の一定期間のみ、主催の「北海道新聞社」で発売されていたようです。
金額は前売り券2,800円に+1,000円の3,800円。
なので、札幌公演終了後に行われる熊本公演、沖縄公演に行かれる予定の方は早めにこちらの『優先入場つき自由席』チケットをチェックしてみてください!!
おそらくこのチケットを一枚購入して、あとの同行者を自由席前売りチケットを購入する方法が一番安くていい席をゲットできる方法ではないかと思います!

まとめ

ショーの内容はお楽しみなのでここでは紹介しませんが、約二時間ある公演、一年生&三年生は飽きることなく終始真剣に観ていました。
動物のショーにも驚かされますが、なにより人間の演技や技術、勇気に感動させられます。
手に汗にぎる演目がたっぷりで、大人も子供も十分に楽しめますのでぜひ行ってみてください!!