http://sosmother.com/ 子供がひどい日焼けをしてしまったら!?~その後の処置と対応が大切

子供がひどい日焼けをしてしまったら!?~その後の処置と対応が大切

先日家族で屋外プールに行き一日遊んできたのですが、子供がひどい日焼けをしてしまっていて帰宅してから大変な目にあいました(T_T)
夏休み中、同じような経験をされるお父さん、お母さんのために、子供の日焼け後の処置・対応についてまとめました。

スポンサーリンク

日焼けをしてしまったらどうなる!?

日焼けをしてしまうと、皮膚が熱をもって真っ赤になりヒリヒリと痛みます。ひどい場合は水ぶくれになってしまう場合も・・・
日焼けはやけどと同じと考えて対処しないと、お子さんの大事な肌に水ぶくれから細菌が入って二次感染を起こしたり、化膿して跡が残ったりしますので、きちんと応急処置をして、重症の場合は病院を受診しましょう!

まずは炎症を抑える~クールダウン

まずは冷やして皮膚の炎症を抑えることが大切。
冷水のシャワーをやさしくあてたり、水風呂に入れてクールダウンしてください。
水にぬらしたタオルをあてる方法もありますが、皮膚がデリケートな状態なのであまり皮膚に触れなくてよいシャワー等の方がおすすめです。
保冷剤を使う場合は直接皮膚に当てないようにタオルなどで巻き、冷やしすぎによる低温やけどに注意してください。

保湿する~化粧水→クリーム

日焼けの後は皮膚がひどく乾燥している状態にありますので、保湿をしてあげることが大切です。
クールダウンした後病院を受診するのが最良ですが、すぐに病院へ行けない場合は化粧水で皮膚に水分を入れてあげます。
低刺激性のものを選んで手でやさしくつけてあげましょう。

うちでは『アベンヌウォーター』を使っています。低刺激なのはもちろん、スプレー式で皮膚に直接触れずに化粧水を吹きかけられるのでとても良いです。

アベンヌ ウォーター 300mL【大人気商品】 ※お一人様24本限り

価格:1,280円
(2017/9/28 22:33時点)
感想(426件)

化粧水を十分皮膚に入れた後はクリームで水分が逃げないようにふたをします。クリームも低刺激、さらっとのびる柔らかめのものがおすすめです。
おうちにあればアロエクリームが特におすすめです。アロエに含まれるアロエチンという成分が細菌の繁殖を抑え、毒素を中和することで患部がケロイドになるのを防いでくれます。

アロインス オーデクリームS (薬用中油性クリーム)185g ネコポス不可。

価格:945円
(2017/9/28 22:35時点)
感想(0件)

ひどい日焼けの際にやってはいけないこと

日焼け後の肌はダメージを受けていてデリケートな状態にあるので、なるべく刺激をしないようにケアしてあげることが大切です。
服の脱着でこすれるのもダメージをひどくさせてしまうので、気を付けてあげてください。

よく聞くきゅうりパックをしたり、アロエを直接塗りこんだりすることは絶対にいけません。
きゅうりに含まれるソラレンという物質には光感受性を高める働きがあり、かえって日焼けしやすくなってしまいます。
アロエを直接患部に塗ることはかえって炎症をひどくさせたり、感染症を起こす恐れもあるので絶対にやめましょう。

日焼け後に食べさせると良いもの

日焼けした後に食べさせると良いものは新鮮な野菜と果物です。
体の内側からも肌に効果的なものを食べさせて回復を図りましょう!
特にビタミンCとリコピンが美肌によいと言われている栄養素で、子供の好きそうなものであれば下記の果物・野菜です。

[ビタミンC]
・キウイ
・イチゴ
・オレンジ
・じゃがいも
・サツマイモ

など

[リコピン]
・トマト
・スイカ
・グレープフルーツ

など

飲み物ではアセロラジュースがとてもオススメ!
アセロラジュースにはビタミンCの他に日焼け後のメラニン生成を抑えるアントシアニンも含まれているので、日焼け後に飲ませると効果的です!

日焼けさせないための事前準備

長時間屋外で遊ばせる時は必ず帽子を被せ、日焼け止めクリームを塗ってあげましょう。
早く遊びに行きたいお子さんはゆっくりクリームを塗らせてくれないかもしれませんが、スプレー式の簡単なタイプもあります。
海やプール、水辺で遊ぶ時は肌を露出せず、ラッシュガードを着せるのも日焼け対策には最適です。

まとめ

健康的に日焼けした子供はとても可愛いし見ていて気持ちが良いものです。
しかし日焼けを侮ると大切なお子さんの肌に大変なダメージを与えてしまうことになります。
屋外で遊ばせる前に日焼け対策をしっかりすること、もし日焼けをしてしまったら適切な応急処置と対応をしっかりとして子供の肌を守ってあげてくださいね!